リスティング

リスティング広告を利用して、ユーザーを獲得している企業が増えてきています。

スポンサードサーチ

大型検索エンジンGoogleやYahooなどで、検索画面の右に表示されているサイトが、スポンサードサーチ広告出稿サイトです。

会社を設立したばかりで、出来たてホヤホヤのサイトや、新規の仕事を獲得するのが難しいと言われる中小企業でも、
SEO対策として広告を出すことで、仕事が取れるような事が実際に起こっています。

通常に表示されているページよりはクリック数は上がりますが、
それだけクリエイティブな広告システムと言えるのではないでしょうか。

アメリカではGoogleが提供しているアドワーズなどのサービスが圧倒的なシェアを誇りますが、
スポンサードサーチのサービスと仕組みは似ています。

しかし、日本国内のシェアを見るとYahooのスポンサードサーチの利用者が多く、効果も上がってきているようです。

従来の広告との違い

スポンサードサーチなどの検索連動型のインターネット広告は、従来までのものとは、そもそも方法が全然ちがいます。

特徴としては、もともと特定の情報を探しているユーザーに対して、類似したサイトを提供するものです。

インパクトを記憶に焼きつけるテレビなどのCMとは違い、検索連動型広告は、そもそも興味や関心のあるユーザーに情報サイトを教えてあげる姿勢です。

そのような状況下で競合と争いユーザーを勝ち取る事が必要になります。

リスティング広告をだしても、うまくいかない場合に色々と改善策をたてると思いますが、
その改善策は本当に最終的な会社が目標としている方向に向かって行われている事なのでしょうか。

例えば、CPC(クリック1回あたりの料金)が高い理由は、キーワードだけのせいではないかもしれませんし、
そもそもCPCを下げる理由があるのかを考えないと失敗します。

CPCが高くても、目標とするコンパージョンを達成することができれば、CPCを下げる必要もなくなります。

SEO対策でも同じ事が言えます。