サイト管理

サイト運営者であれば、SEO対策として一早くインデックスされる事を願う事もあると思いますが、基本的に検索エンジンは、皆さんが利用しているサーバーに負担をかけないように調節されています。

サーバーへの負荷

処理能力の低いサーバーの場合、クロールする時にサーバーへのシステム負担を与えている事があります。

これもウェブマスターツールを利用して、改善することができます。

クロール頻度の設定から、Googlebotの活動を制御することができます。

初期設定の段階では標準になっていますが、クローラーが巡回して来るたびにサイトの表示が鈍くなってしまう場合は、
標準から遅くするに換えてあげることで、クローラーの交通量を低下できます。

一方、処理能力の高いサーバーで余裕があり、ページの追加や更新頻度が高い場合は、標準から速くするを、選択すればクロールを活性化させる事ができます。

リンクチェック

これまでlink:という検索式を利用して、自分のサイトへ何処からリンクが張られているか調べていました。

ただし、これはGoogleで検索しても、全ての外部リンクが表示されるのではなく、一部のリンクをランダムで表示するだけのものにすぎません。

その為、実際に自分のサイトにどれだけリンクが張られているのかを細かくキャッチすることができませんでした。

そこでGoogleウェブマスターツールを利用することで、全部ではありませんが、link:を使うよりは細部なリンクを表示してくれます。

このツールのメリットは、ドメイン以下のページに対して個別にリンクの数を教えてくれる事です。