ネットマーケティングその1

ビジネスが成立している部分を知る事と、社会的に存在意義があるビジネスなのかを、まず考えてみましょう。

自社の考え方

まずは、自身の会社を知ることから始まります。

まず、ビジネスが成立している部分を知る事と、社会的に存在意義があるビジネスなのかを、まず考えてみましょう。

それから、他社との比較が始まります。

例えば、「他社よりの納期が早い」「特別な注文システムがある」「入手困難な商品を保持している」
「特許をもっている」「圧倒的に安く作れる」など、自社の特徴や強みをしっかり把握することが大事で、基本です。

さらに自社の強みをキャッチコピーとして一言で表現できれば、ユーザー獲得に一歩前進します。

競合の考え方

ビジネスとして考えた場合、競合相手に勝たなくては成しえる事ができません。

そこで、会社の魅力やセールスポイントをわかりやすく価値があるものと判断して頂く必要が生まれてきます。

どんなに優れたサービスや商品でも、消費者が同じ思いになってくれるとは限りません。

例えば、弊社のサービスは世界で安くて素晴らしいものですと説明し、お客さんが「凄い!安い!」と思い申し込みがあれば、そのサービスの価値が認められます。

逆に、よさそうだけど怪しいとので他を探すような事があれば、価値は認められません。

当たり前のようで、単純な事ですが、顧客視点からビジネスを展開する発想を持たないと競合には勝てないと思います。

ユーザーの考え方

私の周りのSEO対策業界もそうですし、企業を経営している方であれば当たり前の話しで、
古くから言われている事ですが、ビジネスはユーザー(顧客)が全てです。

例えば、自分でサイトを作ると格好が良いサイトを作ろうと作り込んでしまう場合がありますが、ユーザーにとっては、
高級感あるサイトだけど分かりにくいと思ってしまう事があります。

自身では「そんなんことない」と思っても、多くのユーザーが分かりにくいと思うのであれば、
それは間違いなく分かりにくい使いにくいサイトなのです。

本質を忘れることなく、ビジネスとして成功させるために何が必要なのか考え直して見てください。