ネットマーケティングその2

ネットビジネスのツールとして、広告や雑誌、TVCMやSEO対策などサイトにアクセスさせる方法は様々ですが、その中で最適な手段が何なのかを考える必要性を感じてください。

製品の考え方

インターネット業界では商品やサービスを製品と言いますが、この製品の判断基準について考えてみましょう。

例えば、同じ商品があったとして500円で販売しているサイトと600円で販売しているサイトがあったら、
間違いなく価格が安い方を購入するにきまっていると思います。

しかし、値段だけで購入する判断基準になっているわけではありません。

高級な商品などであれば、なぜ高級なものなのかという理由(日本一の売り上げ3億本突破など)を提示してあげる事も重要です。

サイトを作る上で、SEO対策業界でも全く同じ事を言っています。

それでは自社のサイトをどのように、見せればよいのか考えましょう。

まずはターゲットを絞り、ユーザーに何を言えば製品を欲しいと思ってもらえるか考えると、
リスティングの攻略策が見えてくると思います。

顧客の安心感や興味をそそることをしっかりと明記しましょう。

電化製品であれば保証が付いているのか、付いていないのかだけでも信頼を得ることもできますので、
他社にはない製品の魅力を伝える事ができれば、さらに勝利に近づけます。

プロモーションの考え方

顧客とのコミュニケーションは重要であり、プロモーションもその一環です。

商品やサービスに対する関心度を高めることにもなりますし、購買意欲を促進する役割があります。

普通プロモーションといえば、広告やPR、サイトやMAILなどが用いられますが、プロモーションには次の2つが求められます。

購買行動を起こさせる事と、商品に対して注目を呼び起こすことです。

また、プロモーションをしておきながら、その効果測定を行う事をしない会社もあります。

確かに測定は難しいですが、行わなくても良いことにはなりません。

効果的にプロモーションを行っていくためにも、購買に行動を移すプロモーションの効果測定を行う必要があります。

ネットビジネスのツールとして、広告や雑誌、TVCMやSEO対策などサイトにアクセスさせる方法は様々ですが、
その中で最適な手段が何なのかを考える必要性を感じてください。

その一つとして、スポンサードサーチなどのリスティング広告も効果的な手段と言えます。